コンテンツにジャンプ
筑前町
みんなで創るみどり輝く快適空間

トップページ > 子育て・教育・スポーツ > 子育て > 保育所(園) > 保育料について

保育料について

更新日:2019年4月15日

保育料について

 保育料は、原則として父母の市町村民税額により算定します。ただし、父母の税額のみでは算定できない場合は、同居の親族の税額を算定に入れることがあります。4月から8月分の保育料は前年度の市町村民税額、9月から3月分の保育料は当年度の市町村民税額により算定します。住宅取得等特別控除や配当控除、寄付金控除などの税額控除(調整控除を除く)は、保育料の算定上反映されません。

保育料の寡婦(夫)控除のみなし適用について

保育料は、所得から税法上の控除額を差し引いた額をもとに計算された市町村民税額で決定します。しかし婚姻歴のないひとり親家庭は、税法上の寡婦(夫)控除が受けられず、婚姻歴のあるひとり親家庭と比べて保育料の額などに差が生じる場合があります。この差を解消するために、婚姻歴のないひとり親家庭にも税法上の寡婦等をみなした上で保育料の算定を行い、ひとり親家庭支援の充実を図ることを目的としています。

対象者

保育料の基準となる所得を計算する年の1231日時点および申請時点において、次の1から3のすべてに該当する人

1婚姻によらず母(父)となり、その後婚姻(事実婚を含む)していない。

2生計を一にする20歳未満の子(合計所得が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限る)がいる。

3父の場合、合計所得金額が500万円以下である。

 

申請に必要な書類

1申請書

2申請者の戸籍全部事項証明書(発行から3か月以内のもの)

 

適用開始

申請のあった日の翌月分の保育料から寡婦(夫)控除のみなし適用をします。遡及して適用はされません。

 

申請方法

こども課児童福祉係へ必要書類を添えて申請してください。

申請をしても保育料が変わらない場合もありますのでご了承ください。

関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども課 児童福祉係
窓口の場所:めくばーる
直通電話:0946-24-8767

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。