コンテンツにジャンプ
筑前町
みんなで創るみどり輝く快適空間

トップページ > 子育て・教育・スポーツ > 子育て > 保育所(園) > 令和2年度保育所入所申込みのご案内

令和2年度保育所入所申込みのご案内

更新日:2019年11月19日

令和2年4月1日からの保育所入所申請を受け付けます。申請にあたっては、ご家庭の状況に応じて必要な書類が異なります。申請書等の各種提出書類は、こども課に準備していますので、必要事項を記入のうえ、提出してください。くわしくは、入所案内をご覧ください。

令和2年度入所案内

新規で申請をされる方は、世帯によって必要書類が異なりますので、必ず一度こども課の窓口へ来庁してください。

申請書配布


配布開始令和元年11月1日(金曜日)~
配布時間8時30分~17時15分
 

申請受付

期間令和元年11月18日(月曜日)~12月13日(金曜日)※土日除く
時間8時30分~17時15分

先着順ではありません。
12月13日を過ぎても随時受付は行いますが、期間内の受付者の後の入所審査となりますのでご注意ください。

年度途中(5月以降の入所)の申請について
受付期間は、入所希望月の前々月初日から前々月末までです。申請書等はこども課で随時配布しますので、入所を検討している人は、受付期限までに書類をそろえて申請してください。

例)10月1日~31日入所希望の場合受付期間8月1日~31日

保育の必要性の認定

保育所(園)、幼稚園(新制度に移行するものに限る)、認定こども園などの利用を希望する保護者は、あらかじめ教育・保育給付認定及び保育の必要量の認定を受ける必要があります。次の3つの区分に応じて施設などの利用先が決まります。

1教育・保育給付認定区分
認定区分 要件 利用先
教育標準時間認定 (1号認定) 満3歳以上で 教育を希望する場合 幼稚園 認定こども園(教育部分)
保育認定 (2号認定) 満3歳以上で 「入所の要件」を満たし、保育を希望する場合 保育所 認定こども園(保育部分)
保育認定 (3号認定) 満3歳未満で 「入所の要件」を満たし、保育を希望する場合

2保育の必要量の認定区分
保育の必要量の区分 基準となる就労などの時間
保育標準時間(最長11時間まで) 就労時間等が原則として月120時間以上の場合
保育短時間(最長8時間まで) 就労時間等が原則として月120時間未満の場合
※短時間認定の利用時間(8時30分~16時30分もしくは9時~17時)は各保育所によって異なります。認定された利用時間以外について、保育所が延長保育を実施している場合は、別途保育所に料金を支払っていただきます。
就労時間等が月64時間以上120時間未満であっても、常態として各保育所が設定する保育短時間認定に係る利用時間帯を超えて利用せざるを得ない場合は、保育標準時間認定を受けることができますのでお申し出ください。

 

入所の要件


筑前町に住民登録し、かつ、保護者(父母とも)が次の各号のいずれかに該当する子どもであり、また常時保育が必要な状態にあることが必要です。
保育できない理由及び保育の必要量の認定区分は以下のとおりです。
就労 ひと月において64時間以上労働することを常態としていること 保育標準時間または保育短時間
妊娠・出産 分娩(予定)日を基準として産前8週から産後8週間の日の属する月の末日 保育標準時間
疾病・障がい 保護者に疾病や心身の障がいがある 保育標準時間
介護・看護 同居または長期入院などしている親族を常時介護または看護している 保育標準時間または保育短時間
災害復旧 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること 保育標準時間
求職活動 求職活動(起業の準備を含む)をしている
(入所できた場合は入所日から3か月以内に就職しないと退所となります)
保育短時間
就学 学校や職業訓練校に通っている 保育標準時間または保育短時間
育児休業 育児休業法に基づく育児休業取得者で、既に入所中の兄姉の継続利用が必要であると認められること
(育児休業中の新規入所はできません)
【兄姉の継続入所期間:育児休業対象児童が1歳になる日まで】
保育短時間
その他 虐待やDV等の理由により、その児童の健全な成長が阻害される恐れがある場合 保育標準時間
【保育認定の有効期間】3歳未満児は3歳の誕生日の前々日まで、3歳以上児は卒園まで。ただし妊娠・出産の場合は、産後8週の日の属する月の末日まで、求職活動の場合は入所後3か月間。

 

申請に必要な書類

以下の書類が必要です。書類が不足している場合は、受付できませんのでご注意ください。また、同居している65歳未満の人の分も提出してください。必要書類確認票にて確認してください。

保育所入所必要書類確認票

【必ず提出していただく書類】
保育所入所申込書兼児童台帳/施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(現況届) 入所を希望する児童1人につき1枚
子どものための教育・保育給付の支給に係る個人番号台帳(マイナンバー) 台帳記載者全員分の通知カードと、提出者の本人確認書類が必要
(保護者以外は委任状必要)
同意書・誓約書 申込書類等の調査に同意する書類
保育料の期限内納付を約束する書類
 
【保育が必要なことを証明する書類】
保育を必要とする理由 必要書類
就労 会社勤めの人(専従者含む):勤務・勤務予定・育児休業証明書

自営業の人(経営者のみ):自営業申立書

【確定申告書の写し(第1表、2表)の添付が必要です。】

農業の人(経営者のみ):農業従事者申立書

【確定申告書の写し(第1表、2表)の添付が必要です。】

内職の人:内職申立書

【毎月委託業者からの検収調書等が必要です。】
妊娠・出産 母子手帳の写し(表紙と分娩予定日が確認できるページ)
疾病・障がい
病気・介護・看護申立書

【診断書の添付が必要です。】
診断書(世帯員用)
診断書(児童用)
介護・看護 病気・介護・看護申立書

【介護もしくは看護される人の診断書または障害者手帳などの写しの添付が必要です。】
災害復旧 入所理由申立書
求職活動 求職活動申立書
就学 在学証明書または入所理由申立書

【カリキュラム等の添付が必要です。】

【状況により必要な書類等】
母子・父子家庭の世帯 児童扶養手当証書の写しまたはひとり親医療証の写し
該当ない場合は個性謄本

在宅障がい者がいる世帯

該当者の
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特別児童扶養手当証書、障害年金証書の写し
未転入世帯 転入誓約書
高校生、大学生等がいる世帯 学生証のコピー
きょうだい児が託児所等入所    施設外保育申立書
税の未申告者    収入がない場合でも申告は必要です。申告がない場合、保育料が最高額でかかることがあります。



慣らし保育について(お子さまが園になれるためのものです)

初めて保育所を利用されるお子さまについては、保護者の希望または保育所からの要望により、慣らし保育を行います。期間は基本的に2週間です。ただし、育休復帰の場合、復帰日から数えて最大1か月前からの範囲内で可能です。入所日は慣らし保育を含めた期間で申請してください。

4月1日入所者は4月1日からが慣らし保育期間となりますのでご注意ください。
(3月中の慣らし保育は、入所定員の関係上行うことが困難です。)


関連ファイル

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども課 児童福祉係
窓口の場所:めくばーる
直通電話:0946-24-8767

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。