コンテンツにジャンプ
筑前町
みんなで創るみどり輝く快適空間

トップページ > 観光・イベント > お出かけガイド > 指定文化財 > 栗田遺跡(経田地区)出土祭祀遺物一括

栗田遺跡(経田地区)出土祭祀遺物一括

更新日:2018年1月26日

くりたいせき(きょうでちく)しゅつどさいしいぶついっかつ

資料写真なし

  • 指定種別:国指定重要文化財(考古資料)
  • 員数:一括
  • 所在地:-
  • 指定年月日:平成6年6月28日
  • 管理者(所有者):文化庁
  • 文化財の状況:
    弥生時代中期の祭祀土器。
    栗田遺跡は、昭和48年に調査が実施され、甕棺(かめかん)72基、祭祀(さいし)遺構8ヶ所が検出されました。特に祭祀土器は、精製された胎土(たいど)で赤色に塗られ、表面をていねいに磨いた丹塗(にぬり)磨研(まけん)土器の高杯(たかつき)・壷(つぼ)・椀・甕(かめ)・大形筒型器台等が出土した。

お問い合わせ

企画課 企画調整係
窓口の場所:本庁2階
直通電話:0946-42-6601

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。