コンテンツにジャンプ
筑前町
みんなで創るみどり輝く快適空間

トップページ > 健康・福祉 > 健康 > お知らせ(健康) > インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種について

更新日:2018年10月01日

インフルエンザ予防接種について

 インフルエンザとは

毎年、初冬から春先にかけて流行するインフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染して起こるもので、38℃以上の発熱や頭痛、関節・筋肉痛などの強い全身症状が急に現れるのが特徴です。特に、高齢者や慢性疾患を持つ人、あるいは乳幼児においては、重症化しやすく、合併症を引き起こす危険も高くなり、注意が必要です。
インフルエンザの予防には、流行前のワクチン接種、手洗いやアルコール消毒、うがい、咳エチケットが有効であるといわれます。
筑前町では、高齢の人とお子さん・妊婦さんに対して、インフルエンザ予防接種の助成を行います。

インフルエンザ予防接種の助成内容

高齢者インフルエンザ定期予防接種

予防接種法に基づく定期接種です。効果や副反応などかかりつけの医師と十分に相談して接種を受けましょう。

  • 対象者
    接種日に筑前町に住民登録があり、下記1または2いずれかに該当する人
    1.65歳以上の人
    2.60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に、日常生活が極度に制限される程度の障がいを有する人
  • 接種期間
    平成30年10月1日~平成30年12月31日まで
    注:この期間以外は、全額自己負担となりますのでご注意ください。
  • 接種できる場所と手続き
    福岡県内のインフルエンザ定期予防接種実施医療機関で接種できます。ご希望の医療機関に事前にご予約ください。
    「高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧(朝倉管内)」(PDF:88KB)
  •  自己負担額
    1,500円 注:接種は1回です。
    対象者のうち、下記1または2に該当する人は自己負担が免除となります。(個別通知はありません。)
    1.生活保護世帯に属する人
    予防接種を受ける際に、生活保護受給証明書または診療依頼書を医療機関へ持参してください。
    2.世帯全員が町県民税非課税の人
    「高齢者インフルエンザ予防接種自己負担金免除対象者確認書」を発行します。予防接種を受ける際に、「高齢者インフルエンザ予防接種自己負担金免除対象者確認書」を医療機関へ持参してください。
      この確認書が無いと自己負担金が免除となりません。

「高齢者インフルエンザ予防接種自己負担金免除対象者確認書」の申請方法

下記AまたはBいずれかの方法により、申請を行ってください。

 A:役場健康課の窓口で申請する

  • 予防接種を受ける人またはその同一世帯の人が申請する場合
    1.役場健康課の窓口にて、指定の交付申請書に記入
    2.本人確認書類(申請者の運転免許証や保険証など)を提示
  • 代理人が申請する場合(委任状が必要です)
    1.予防接種を受ける人から委任状を預かる
    委任状は、交付申請書にある委任状欄を記入していただいても結構です。その場合、予防接種を受ける人が委任した日付、住所と氏名と押印、代理人の住所と氏名を記入してください。交付申請書は、筑前町ホームページからダウンロードまたは役場健康課窓口で受け取ることができます。
    2.役場健康課の窓口にて、指定の交付申請書に記入
    3.本人確認書類(申請者(代理人)の運転免許証や保険証など)を提示
    内容確認後「高齢者インフルエンザ予防接種自己負担金免除対象者確認書」を発行します。
  • 注:指定の申請書は、筑前町ホームページからダウンロードすることもできます。下記「B.郵送で申請する」の「1」を参照してください。
    注:予防接種を受ける人が申請書の記入が困難な場合は、代理人が記入し、記入箇所に「代筆」と加筆してください。
    注:支所窓口では申請の受付ができません。お手数ですが、役場本庁健康課までお越しください。
    注:本人または世帯員が平成30年1月1日以降に転入している場合は、別途お問い合わせください。

B.郵便で申請する

郵送対応の受付期限:平成30年12月7日(金曜日)当日消印有効
期限を過ぎた場合は郵送での対応はできません。
インターネット接続可能なパソコン、家庭用プリンタなどが必要です。
郵送でのお届けには、申請から1~2週間程度かかります。
送付先は接種を受ける人の自宅と異なる場所(施設や代理人宅)でも可能です。
郵便料金の不足分は着払いとなります。

 1.申請書を下記からダウンロード、プリントアウトし、必要事項を記入する。
(個人用)自己負担金免除対象者確認書交付申請書(PDFファイル81KB)
(記入例)自己負担金免除対象者確認書交付申請書(PDFファイル112KB)

施設等に入所中で、代理の方がまとめて申請する場合はこちらをお使いください。
(施設用)自己負担金免除対象者確認書交付申請書兼委任状(PDFファイル123KB)
(記入例)自己負担金免除対象者確認書交付申請書兼委任状(PDFファイル183KB)

2.本人確認書類(申請者の運転免許証や保険証など)の写しと、送付先の住所と宛名を記入して、切手を貼った返信用封筒を準備する。
3.以下の必要書類一式を同封し、郵送する。

  • 自己負担金免除対象者確認書交付申請書
  • 本人または代理人の本人確認書類(申請者の運転免許証や保険証など)の写し
  • 送付先の住所と宛名を記入して、切手を貼った返信用封筒

子ども・妊婦のインフルエンザ予防接種

法律に基づかない任意の予防接種です。効果や副反応についてはかかりつけの医師と十分にご相談ください。

  • 対象者
    接種日に筑前町に住民登録があり、下記1または2いずれかに該当する人
    1.接種日に、満1歳~中学3年生相当年齢までの人
    2.妊婦(母子健康手帳の交付を受けている人)
  • 助成期間
    平成30年10月1日~平成30年12月31日まで
    注:この期間以外は、全額自己負担となりますのでご注意ください。
  • 助成回数
    満1歳から13歳未満:2回まで
    13歳以上:1回
  • 助成額
    接種1回につき上限3,000円を助成します。
    予防接種料金が3,000円を超える場合は、超えた金額が自己負担となります。
    予防接種料金が3,000円未満の場合は、実支払額が助成額となります。
    体調不良などにより接種ができなかったときは、助成できません。
    助成対象者が生活保護世帯に属する場合は、全額助成します。予防接種を受ける際に、医療機関へ生活保護受給証明書または診療依頼書をご持参ください。
  • 持参するもの
    母子健康手帳、印鑑、年齢を証明できるもの、接種料金

登録医療機関で接種する場合と登録医療機関以外で接種する場合とで手続きの方法が異なります。
登録医療機関については、子ども・妊婦のインフルエンザ予防接種登録医療機関一覧(PDFファイル86KB)をご確認ください。

  • 登録医療機関で接種する場合
    1.医療機関へ事前に電話予約をします。
    2.必要書類は医療機関にありますので、書類に必要事項を記入・押印して、接種を受けます。
  • 登録医療機関以外で接種する場合
    1.事前に接種料金助成申請書が必要です。役場健康課(本庁1階)または、支所住民課、こども課(めくばーる学習館)に置いています。下記からもダウンロードできます。プリントアウトしてご利用ください。
    平成30年度インフルエンザ予防接種料金助成申請書(PDFファイル156KB)
    (記入例)接種料金助成申請書(PDFファイル253KB)
    2.医療機関へ事前に電話予約をします。
    3.接種料金助成申請書に必要事項を記入・押印して接種当日、医療機関へ必ず持参します。
    4.接種後、速やか(1か月以内)に、接種料金助成申請書を役場健康課に持参するか、郵送します。
    提出期限:平成31年1月31日必着
AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康課 健康推進係
窓口の場所:本庁1階
直通電話:0946-42-6649

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。